海外ではどうか考えてみたい

特許を取得したものが海外で通用するか考えてみたいものです。

実際、多くの日本技術者が海外に流れていることは事実ですし、どんなに儲かるものでも企業に属していると企業のものとなりますので、考えてない方はいないはず。

もし何か考えていて海外に拠点をおきたいのなら、ここに相談してみたいものです。
http://spring-pat.com/

でも本当にもったいないことだと思います。日本で個人の財産として活用することができれば、海外に流出すること無く日本の財産となるのにと。

多くはないですが、日本でのニュースに登場するのも確かですし、世界中で欲しがっているものならば、日本も儲かる仕組みづくりをしたいものです。多くの技術者はそれがかなわないためヘッドハンティングされていると言われていますので、企業組織の改変は必要かと思います。

確かに企業内の一個人ですが、世界中を揺るがすものなら個人のものとして賞賛しても良さそうなもの。私ならそれを主張したいかなと感じるのです。

日本企業の体質を卑下しているのではありません。外に出さないような手段を講じるべきで、発案者に対する処遇を考えてもと思うのです。そうすれば日本が潤うことができますよね?